スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金澤英明(B)With生田幸子(P)Duo

3月8日、火曜日とSweet Rainとしては変則な日程でのライヴでした。
というのも、金澤さんが、「関西に素晴らしいピアニストがいて、今度東京に来るので、是非ブッキングしてほしい」というお話があり、今回のライヴとなったからです。

金澤さんのお墨付きなら絶対に間違いないと、すぐにブッキングを決めたのでした。

変則日程の平日にもかかわらず、多くのお客さまに来ていただきました。
ありがとうございます。

そして、演奏ですが、これが期待をはるかに上回る、素晴らしいものでした。

1曲目のバラードで、金澤さんの重厚なアルコにしなやかに生田さんのピアノが絡んでいきます。いつにない緊張感がお店に溢れ、演奏が終わると、一瞬の間をおいて大きな拍手が沸き起こりました。

圧巻は、2ndステージでの超高速テンポでのオレオ。
ただ早いのではなく、リズムもテンポも変幻自在で、素晴らしいスピード感で音楽を推進させる金澤さんのベースに、ある時は力強く、ある時は繊細に柔らかく、生田さんのピアノがこたえます。
緊張感と熱気があふれるコール・アンド・レスポンス。最高でした。

ベテランの金澤さんも、生田さんにかなりインスパイアーされたように、いつも以上に熱い演奏。

0308


ライヴ終了後に、生田さんに話をきいたところでは、曲順もすべて金澤さんが決めてくれたし、金澤さんに引っ張ってもらった、というようなことをおっしゃっていましたが、まさに、両者が刺激しあいながらの素晴らしいライヴだったと思います。

当店のお客様も、「最高のライヴだった」と皆さん大満足されていました。

生田さん、また東京にお越しの際は、是非ともご出演ください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。