スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもファンキーで楽しいライヴ 渡辺明日香(Vo)

7月2日(土)、夏本番らしい暑さが襲ってきた7月の週末、Sweet Rainのライヴはいつも最高に楽しいライヴを聴かせてくれる渡辺明日香さん(Vo)のヴォーカルで盛り上がりました。
今回のメンバーは、最高のファンキーピアノと評判の高い吉岡秀晃さんにベースが香川裕史さん。

最初の曲はピアノとベースのインストで始まったのですが、ここで吉岡さんのファンキーピアノに度肝を抜かれました。
まず、ベースの香川さんのほうをニコニコ笑いながら覗きこみ、強烈なアイコンタクト。その弾き方とパフォーマンスが、なんだかミュージシャンというよりも芸人さんのような雰囲気です。
曲はON GREEN DOLPHIN STREETだったのですが、これが最高にファンキー。
ガーランドのBRIGHT AND BREEZYでのプレイを彷彿とさせます。
ブロックコードの力強さ、シングルトーンでの音の余韻、僕にはガーランドのファンキーさにエロール・ガーナーの力強さが加わったようなプレイに聴こえました。
そして、パフォーマンスは派手ですが、プレイは実に正確そのものです。
目を瞑って聴いていると、体格の良い黒人の太い指から弾き出されるようなサウンドに聴こえます。
吉岡さんの生は初めて聴いたのですが、まさに驚愕しました。
また、その強烈なピアノを香川さんの太くて逞しく、ビッグトーンのベースがしっかりと支えます。
まさに、ガーランドを支えるサム・ジョーンズのような感じです。
実に素晴らしいプレイでした。

そして、明日香さんの歌ですが、これがまた一段と上手になっていて驚きでした。
正確な音程に抜群にスイングするリズム感、そしてなんともいえない黒いフィーリング。時折聴かせてくれるスキャットも素晴らしい。
吉岡さんの迫力いっぱいのファンキーピアノに負けない力強いヴォーカルでした。
Willow Weep for Me 、When You're Smなんか最高でした。

さて、次回のライヴは7月8日(金)、素晴らしいアルトサックス奏者の平山順子さんを迎えてのカルテットです。
メンバーは、 平山 順子(As) 角脇 真(P) 本川 悠平(B) 棚木 雄斗(Ds)です。

至近距離でミュージシャンと一体になることのできるSweet Rainに是非ご来店ください。











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。