スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しすぎる!吾妻光良カルテット

8月13日のSweet Rainは、最高のJump/Jiveバンド、ザ・スウィンギン・バッパーズでお馴染の吾妻光良さんがカルテットで初登場です。
メンバーは、吾妻光良(G,Vo)、牧裕(B)、 早崎詩生(P)、岡地曙裕(perc)。

吾妻さん、牧さんがSweet Rainのママが30年前にやっていたジャズ・バーの常連だったということで、今回のブッキングが実現し、非常に和やかで楽しい雰囲気の中でライヴが始まったのでした。
そして、さすがに人気の高い吾妻さん!店内は超満員で立ち見の人まで出る状況、常連のお客様にはカウンターの中で見てもらうようなことになってしまいました。

そして、そのライヴは・・・とにかく最高に楽しい!その一言でした。
楽しい!面白い!元気が出る!
吾妻さんのオーラは凄い!(ママはサザンの桑田さんみたいなオーラと言ってました)
牧さんのひょうひょうとしたMCも最高。
早崎詩生さんのピアノも絶好調!そして、パーカッションの岡地さん・・・楽しすぎます!

音程がどうだとか、リズムがどうだとか、コードの解釈がどうだとか、ディミニッシュだとかオーギュメントだとか、そんなことはどうでもいいやという感じです。

とにかく楽しい音楽。音楽ってこれでいいんだなと感じたのでした。

バッパーズのディレクターである湯川治往さんが書かれていた言葉が、このバンドの真髄を表現しているので引用させていただきます・ 

「バッパーズは弱点だらけです。
でも無敵です。
なぜならば、ビートとソウルがあるからです。
圧倒的に無敵です。
バッパーズは弱点だらけで無敵なんです。
優勝です。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。