スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷口英治トリオはジャズの楽しさをいつも実感させてくれる!


9月14日(水)のSweet Rainのライヴは、谷口英治トリオ。
メンバーは谷口英治(Cl)、有田純弘(G)、畑ひろし(G)という、ちょっと珍しい編成です。

今回も前回同様、いや前回以上の超満員で、お店全体が楽しく盛り上がる雰囲気の中、ライヴが始まりました。
ゆったりしたスウィング感の中、谷口さんのクラリネットが実に暖かい音色で巧みにメロディーを歌いあげます。
有田さんのギターはまさにジャンゴ・ラインハルト直系という感じで、ちょっと硬めの音で、トラッドで土臭い感じのフレーズを聴かせてくれます。
畑さんのギターは有田さんと比較すると少しモダンな感じで、やや柔らかめの音でブルージーなサウンドです。
この3人が、ぴったりと息の合ったプレイで、楽しくお店全体をスウィングさせてくれます。

完璧に楽曲を掌握した一分の隙もない演奏で、お客さんはジャズの楽しさを心底楽しめたと思います。
演奏者とお客さんが一体になって楽しんでいるのをひしひしと感じました。

お客様からのリクエストがあったからということで演奏された「枯葉」が最高でした。
リズムの変化、クラリネットの素晴らしいソロ、有田さんと畑さんのお互いの個性を十分に発揮したソロ、すべてが最高でした。

谷口英治さんのライヴはいつもどうして満員になるのか・・・それは単純なことでした。演奏する音楽が本当に、飛びぬけて素晴らしいからです。
いつ聴いても、何度聴いても楽しい気分になれる音楽。それがそこにはあります。

このくらいの小さめのお店で、満員のお客さんでやるのが一番楽しいなと言っていただきました。ありがとうございます。

自分たちで言うのも気が引けますが、Sweet Rainは楽器の音がお店全体で本当に優しく響く設計になっていると思います。
うるさくなることなく、お店全体に良く響きます。
至近距離で、ミュージシャンの息遣いを感じながら、最高の音を楽しめる店だと思います。

次回の谷口英治さんは来年の1月位に新春スゥイング・ナイトといった感じでやりたいなと思っています。
ご来店お待ちしています。

また、今回素晴らしいギターを聴かせてくれた有田さんは10月29日(土)にサックスの中村誠一さんのトリオでまた出演頂きます。
こちらもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。