スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布川俊樹 ソロ&モア

9月16日(金)のSweet Rainは、布川俊樹さんのソロ・ギター。ゲストとして新潟からお迎えするボーカリスト、吉田睦さんが加わりました。

オープニングはサマータイム。そして、枯葉。
今回はスティール弦のアコースティック・ギター1本で、スタンダードを中心にソロの魅力を存分に味あわせてくれます。
僕は、なんだかギターという楽器のソロが一番感動します。
ピアノよりもギター。
ピアノのようにメカニカルでなくて、原始的な楽器。
向かい合って対決するといった感じのピアノよりも、抱きかかえて弾くというギターの感じが好きです。

布川さんの指が弦の上を「シュ」という音をたてながら移動し、決まるべき場所にポジションがピシッ決る姿を見るだけで、なんだかとても良い気持ちになってしまいます。

ボーカルの吉田睦さんは、若手とは思えない上手さ。黒っぽいフィーリングでのバラードを歌うと、しっとり、しみじみとした雰囲気。
「feel like makin' love、素晴らしかったです。
1曲、日本語のオリジナル「素敵」(字がこれでいいかは分からないのですが・・・)を披露してくれました。
私は本来、ジャズ・ヴォーカルのライヴに日本語の曲がはさまるのは好きではないのですが、今回は何の違和感もなく聴くことができました。
本当に「素敵」な曲でした。ヒットチャートの1位になっても不思議じゃない、ポップさもあります。

今日も素晴らしいライヴをありがとうございました。

さて、本日17日(土)のSweet Rainのライヴは、かみむら奏一トリオです。
かみむらさんの優しく暖かく、そしてオリジナルなサックスでスタンダードを中心にお届けします。小太刀のばらさんのピアノも独特の浮遊感が魅力、野崎正紀さんは繊細なドラミングで音楽全体を包み込んでくれます。
是非聴いてみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

布川 吉田 duo

布川&吉田duo素晴らしかったです。
また、2人でやってください。期待してます。
プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。