スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必聴です!Marcin Wasilewski  「Faithful」

Marcin Wasilewski  「Faithful」
51NZiopNwzL__SL500_AA300_.jpg


初めてMarcin Wasilewsk(読み方は色々な表記がされていますが、一般的にはマルチン・ワシレフスキーでしょうか)のピアノを聴いたのは、Manu Katcheの「Neighbourhood」と「Playground」だった。
その音に驚き、これは誰だと思ってみると、目深に帽子を被りとても神経質そうにうつむくMarcin Wasilewskの写真があった。
そこで、調べてみるとポーランドのピアニストで、シンプルアコースティックトリオというトリオを長年やっているみたいだった。

そして聴いたシンプルアコースティックトリオも確かに良かったが、この新譜はもうひとつ違う世界に誘ってくれる素晴らしさだ。

まず、オープニング曲の静かに魂を揺さぶられる感じでグッときた。
そして2曲目が圧巻。
氾濫した大河のように溢れるメロディ,竜巻のようにうねるベース,鋭利な刃物のように弾けるドラムス。
3つの楽器が一体となって、ECM的な静謐さを打ち破り、アイヒャーの分厚い氷を溶かしていくような快感が感じられた。
立山の山頂で見た、雪の間から新芽を出す高山植物をふと思い出した。
そういった静謐さと生命のエネルギーを感じさせてくれる。

そして、最後の「Lugano Lake」を聴き終わったとき心に残るのは、静謐さと生命のエネルギー。

Marcin Wasilewskiの音に対するセンスはどこかひねくれたところがあり、それがベース、ドラムのうねりと絶妙に絡み合うところに、まったくオリジナルな音世界が想像される。

凍るような透明感と森の中の動物のぬくもりを感じることのできる、何回聴いても、また何度でも繰り返し聴きたくなる、いつまでも聴いていたい、そんな作品です。

必聴です!

僕は現代のピアニストの中ではトルド・グスタフセンとともにMarcin Wasilewskiを最も注目しています。
来日しないかな・・・生を観たい!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。