スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田妙子・土井徳浩デュオ at Sweet Rain

9月23日(金)のSweet Rainはピアノの栗田妙子さんとクラリネットの土井徳浩さんのデュオ。

土井さんはSweet Rain 初登場の若手注目株のクラリネット奏者です。

この日は、是安さんの訃報が飛び込み、なんだか沈んだ心模様の中でのライヴとなった。

プロだから状況に関係なく普段通りの演奏をするものだと言う考え方もあるだろうけど、僕は音楽というのはその時々のミュージシャン、そしてオーディエンスの心を反映するものだと思う。
悲しい時には悲しい音が、虚しい時には虚しい音楽が響き渡るものだと・・・

栗田さんのピアノは深く沈みこむようなサウンド・・・いつものような軽やかさは余りないけれど、しかし、力のこもった音色で、お馴染みのオリジナルを披露してくれた。

土井さんのクラリネットは非常にモダンでコンテンポラリーなサウンド。
クールで鋭利、現代音楽風室内楽ジャズとでも言えばよいであろうか。

僕は個人的にはジミー・ジェフリーを思い出した。
あの有名な真夏の夜のジャズの冒頭で、ポール・ブレイ、スティーブ・スワロウを従えてのトリオのサウンドを。
あと、MJQとジミー・ジェフリーの共演アルバムを。

クラリネットだからということで、スウィング系の音楽を期待して聴くとちょっと肩すかしをくったような感じになるかもしれないが、栗田さんとの相性は悪くない。

最後に、前回、栗田さんがさがゆきさんとデュオでやった曲を2曲演奏したのだけれど、それを聴きながら、次回は栗田さん、さがさん、土井さんのトリオが聴いてみたいな、などと思った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。