スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべきパワーとカッコよさ! ZEK3 Live at Sweet Rain


9月24日(土)のSweet Rainはレッド・ツェペリンの楽曲のみを演奏するトリオZEK3がSweet Rain初登場。
メンバーは、清水くるみ(P)、米木康志(B)、本田珠也(Ds)。

20人もお客さんが入れば満席のSweet Rainでこのトリオが実現するなんて夢のようです。

演奏は1曲目からフルスロットルです。
本田珠也さんのドラムは噂通りの爆音、強力ビート、かっこいいきめのフレーズの連続で、店内を興奮で包みます。
そして、その爆音に負けることなく、ぶんぶんと唸りをあげる米木さんのベース!生音のウッベでここまで大きく強靭な音が出るなんて信じられません。

この2人の強烈なビートの間を切り裂くように清水くるみさんがピアノを強烈なタッチで叩きます。
小さな体全体をピアノに叩きつけるようにして、拳で、ひじ打ちで、強烈な演奏でした!

しかし、力に任せて爆走するのではなく、綿密なアレンジによる音楽の骨格をベースとして、その上で、各ミュージシャンが高度な技術で爆走することで、オーディエンスを興奮の坩堝に落とし、まさしくレッド・ツェペリンのような高質なロックバンドのライヴを聴いた後のようなカタルシスを生み出すんだと思う。

Sweet Rainのような小さな店で聴くことで、音楽との一体感、カタルシスは一段と高まったような気がする。
こういった分かりやすいカッコよさがジャズにはもっと必要なのかもしれないな。

また、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。