スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超早弾きでカタルシス 宮野弘紀・馬場孝喜 ギターデュオ At Sweet Rain

10月8日(土)のSweet Rainのライヴは宮野弘紀・馬場孝喜のギターデュオでした。

宮野さんは中村善郎さんとのボサノヴァ・ユニットでは何度か出ていただきましたが、リーダー・バンドとしては初めての登場。若手ナンバー1ギタリストとの呼び声が高い馬場さんはSweet Rain初登場です。

今日は、宮野さんの超早弾きにただただ圧倒されてしまいました。
ナイロン弦のアコギを使って、スパニッシュ・テイストでとにかく弾きまくります。

miyano337.jpg


僕は中学生のころにクラシックギターを習っていて、ギターのテクニックには特に興味があるので、その高度のテクニックにただただ圧倒されるばかりでした。
早弾きってとにかく無条件にカッコいいな・・・カタルシスを感じます。

曲はマイ・フーリッシュ・ハートやサムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム、グッバイ・ポーク・パイ・ハット、ビューティフル・ラヴなどのスタンダード中心なんですが、どの曲も原曲のメロディを生かしながらもとにかく音のシーツで空間が埋め尽くされます。

そして、馬場さんのギターが、暴れまわる宮野さんのギターを背後からしっかりと支えます。
馬場さんの控えめでありながら適切なサポートで、宮野さんは思う存分暴れまわっているという感じです。
それにしても、馬場さんは若さに似合わず端正で品の良いフレキシブルさに溢れるギターを弾きます。
先日、素晴らしい演奏を聴かせてくれた土井徳浩さんと、楽器は違いますが音楽的には同じような香りが感じられました。
いつか土井さんとのコラボも聴いてみたいなと感じます。

2ndセットでは宮野さんの奥様がボサノバを歌ってくれて、楽しく癒しの雰囲気が広がりました。
奥様、なかなか個性的なキャラクターです。

miyano344.jpg

さて、次回の宮野弘紀・馬場孝喜デュオは、2012年2月25日(土)です。
ギター・フリークは必聴です!

 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。