スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blue Mitchell / Blue's Moods

昨夜、ウィントン・ケリーが好きだと言うお客さんのリクエストでかけた1枚。

41TMRCRWXYL__SL500_AA300_.jpg


端正で美しく、しみじみとした味わい溢れるブルー・ミッチェルのトランペットのバックで、絶妙に隙間を埋めてハッピーにスウィングするケリーのピアノが最高です。

A面1曲目のI'll Close My Eyes の軽やかなトランペットで爽快な気分になり、3曲目のScrapple From The Apple で心地よく心がキックされ、今日も頑張れるかなという気持ちになります。

もうひとつやる気の出ない、憂鬱な日の朝に聴くと元気がでそうな1枚。

こういった大名盤はなかなかターンテーブルにのせることがなくなるので、お客さんのリクエストでかけるととても新鮮な気分になります。

と言った訳で、Sweet Rainではリクエスト大歓迎です。
好きなレコードをじっくりお楽しみください!

ブルー・ミッチェル(tp) / ウイントン・ケリー(p) / サム・ジョーンズ(b) / ロイ・ブルックス(ds)
1960年8月24日、25日NYS録音
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。