スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石若駿君のドラムが素晴らしい! 金澤英明トリオ Live at Sweet Rain 

11月10日(木)のSweet Rain は2回目の登場となる、金澤英明(B)、石井彰(P)、石若駿(Ds)のトリオです。
このトリオによる「月夜の旅」「ボーイズ・イン・ロールス」の2枚は最近の愛聴盤であり、その堅牢な構築美とどこまでも純粋なリリシズムにどんどんと引き込まれていく名作です。

そんなトリオのライヴ、素晴らしくない訳がありません。

特に驚きだったのは、若干18歳の天才的ドラマー石若駿君の繊細かつパワフルなドラミングでした。
金澤さんと石井さんの音をしっかりと聴き、そして、しっかりと感じながら、Sweet Rainという小さな店の空間の音の響きを知り尽くしたかのように、時には指で繊細に叩き、ここという時にパワー全開で、ばねが弾けるように鋭く叩きます。
初めて見たときのショーター・グループでのブライアン・ブレイドを彷彿とさせるのものがあります。

石井さんのプレイはいつものように、切れのあるタッチで鋭くも優しい音色のピアノを聴かせてくれます。
そして、金澤さんが実に絶妙に全体の中心となって音を内側へと巻き込みます。

3者の音が一糸乱れることなく混じり合い、お互いに引き合い、そして同時に反発しあい、飛び散る渦のように店内を満たしました。

実に素晴らしいトリオです。

金澤さんが、「駿とやると、とにかく楽だ」と言っていましたが、この3人はお互いの心の中まで響き合っているのだと思います。

ぜひ、また聴きたい・・・そんなトリオです。

さて、次回の金澤さんは、新年1月7日(土)に、「新春シャンソンショー」と題して、石井彰さんとのデュオが決まっています。どんなシャンソンショーになるのでしょうか???実に楽しみです。

また、3月8日(木)には、金澤英明(B)、生田さちこ(P)、石若駿(Ds)という興味深いトリオが決まっています。石井さんとはタイプが違う、生田さんのパワフルなピアノに石若君がどう反応するのか!興味深いです。

どちらもお聴き逃しなく!



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。