スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い力が爆発!楠井五月トリオG+1

2011年11月11日(金)、Sweet Rainの開店2周年記念日のライヴは、若手の注目株が勢ぞろいした楠井五月トリオG+1。

メンバーは、楠井五月(B) 菊池太光(P) 福地康(Ds)松井宏樹(As)。

楠井君は、以前に谷口英治さんのグループで出演してもらったときに、その素晴らしいテクニックとサウンドに驚き出演をお願いしました。

この日は、お客さんも若い人が多く、なんとなくいつもより華やかな雰囲気のSweet Rainとなりました。

演奏は、オーソドックスな、ジャズの本道を行く、若さ溢れる素晴らしいものでした。

ピアノの菊池さんの弾けるようなソロ、松井さんのパワフルなドラミング、楠井さんのよく歌うソロと確実なランニング、背筋をピシッと飛ばして吹く姿が印象的な松井さんの端正なプレイ。

どれも素晴らしいものでした。

ベテランのミュージシャンのような味はないけれど、それに代わる爆発するようなエネルギーと、チャレンジし続けるパワーを感じることができました。

こんな若い人たちが切り開くジャズの未来のためにもSweet Rainは少しでも力になりたいなと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。