スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keith Jarrett 「Arbour Zena」

31pgU+DBaCL._SL500_AA240_[1]


今日は何だか思い通りにならないことが多くて、しょんぼりしてお店に帰りついて聴いた一枚。
1975年録音の、おそらくキースの音楽が最もクラシックと融合した作品かも。
静謐で心の隅々まで沁み込むような癒しの音楽。癒しと言うよりも赦しかな。
ケルン・コンサートを彷彿させるキースのソロ、ヘイデンのジャズを感じさせるベース、ガルバレクのクラシカルで美しいサックス、そこに鋭利なストリングスが完全に溶け合っています。
心を浄化して、疲れを癒してくれる、北欧の白夜のような音楽です。


Keith Jarrett(P)
Jan Garbarek(Ts. Ss)
Charlie Haden(B)
Mambers Of Radio Symphony Orchestra
1. Runes 2. Solar March 3. Mirrors
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。