スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の上で歌いたくなるような感じ ~月の鳥~渋谷毅(P)・石渡明廣(G)Live at Sweet Rain

12月10日(土)のSweet Rainは、~月の鳥~渋谷毅(P)・石渡明廣(G)のDuoでした。

渋谷さんは渋谷毅オーケストラで随分昔に一度見た程度、石渡さんは、多分その時に見ているはずですが、お二人とも、僕にとってはほとんど初体験といった感じでした。

渋谷さん、見た感じは普通のおじさんです。石渡さんは、いかにもミュージシャン!といった感じ。

さて、1曲目が始まりました。

渋谷さんの軽やかなピアノに乗って、石渡さんのギターが独特の音色でメロディーを奏で、ソロへと入ります。

石渡さんの音は独特です。空間の作り方も。
なんとなく、ビル・フリゼールを思い出しました。
そして、いつのまにか石渡さんはベースのフレーズを弾き、そこに渋谷さんのなんとも軽妙なソロが展開されます。ここでは、何となくカーラ・ブレイとスティーブ・スワローのDuoを思い出しました。

渋谷さんのピアノは凄いです。大きな雲の上に皆を乗せて自由に歌わせる様な感じです。
きっと、渋谷さんとやると、共演者は皆、歌いだしたくなるような気がします。思わず歌ってしまう!そんな魔法をもったピアノだと感じました。

まだまだ、僕は渋谷さんの深い深い世界のほんの一部しか聴けてないような気がします。

これから、何度も、何度も、聴きたいなと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。