スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山拓海(As) ・ 高橋佑成(P)Duo Live at Sweet Rain 

1月25日(水)のSweet Rain は恒例の投げ銭ライヴ。出演は、国立音大1年生でSweet Rainが大プッシュするアルトサックス奏者中山拓海君と、Sweet Rain初登場となるピアノの高橋佑成君のDuo。

僕は人を「君」で呼ぶのは余り好きではないのですが、もう十分におじさんなので、このくらい若い人を君で呼んでもいいかなと思ってしまっています。

中山君のアルトはコニッツ風の繊細で少しかすれた音色をベースとしながらも力強さが加わったような印象でした。アドリブのフレーズもかなりイマジネーション豊かになり、より一層、「表現」しているな、「歌って」いるなと感じました。
基本路線は、やはりコニッツ・トリスターノでしょうか?コニッツのメカニカルな面と同時に熱いハートも感じて、この路線を推し進めてほしいなと感じました。

そして、初めて聴くピアノの高橋君のサウンドがまた実に素晴らしい。
切れのあるタッチと美しい音色、そして何よりも独特のぐっと後ろにいくようなリズム感と斬新なハーモニー。。
「同じ国立なの?」、「もうプロでやってるの?」と言う僕の質問はなんとなくはぐらかされてしまったのですが、終わってから聞くと、なんとまだ高校2年生の17歳!

恐ろしい・・・高校2年とは思えないレベル。石井彰さんに習っているということで、たしかに石井さんに似ているところもあるけれど、何よりもオリジナルなものを感じさせるピアニストです。

中山君、高橋君、この二人は、もっともっと素晴らしい音楽家になると思います。

皆で応援しましょう!

次回のこの2人のSweet Rain への出演は・・・4月のいつだったかな?また報告します!







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。