スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パット・メセニー  「オーケストリオン」

51feRlZ7asL._SL500_AA300_[1]

「オーケストリオン」とは、19世紀末から20世紀初頭に実在した複数のオーケストラ楽器を自動演奏させる機械の名前だそうです。
メセニーが複数のピアノ、ビブラフォン、マリンバ、ドラム、パーカッションを自動演奏させて、そこにいつものメセニー音のギターが乗ってくる。
ライナーでメセニーは「21世紀にふさわしい新たなジャズが出てこない。もう待たない。自分でやる。」と述べていますが、手法的には斬新かもしれませんが、音楽としては特に変りの無いまったくのメセニーの世界です。ディレイとコーラスを何重にも重ねた独特のメセニー音で、いつものメセニーフレーズを紡ぎだし、実に爽快です。いつもメセニーは期待を裏切ることがありません。天気の良い日に、海辺なんかで聴きたい音楽です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。