スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山順子(As) 美女トリオ Live at Sweet Rain


2月17日(金)のSweet Rainは、平山順子(As)美女トリオ(勝手に命名しました)の登場でした。
メンバーは、初CDをリリースして乗りに乗っている平山順子(As)に、佐久間優子(P)、佐藤えりか(B)という自他ともに認める美女揃いです。

平山さんの音は、楽器をコーンに変えた影響か、僕の大好きな、優しい、包みこまれるような独特の音色はそのままに、やや力強さを増したように感じました。

私の感覚ですが、アルト・サックスの音色はプレイヤーの吹き方で80%以上が決り、マウスピースとリードが残りの15%程度で、楽器の影響力はせいぜい5%程度ではないかと思っています。しかし、プロにはその5%がとても大事なのだと言うことを今日の平山さんの音を聴いて感じました。ぐっと表現力が増しているのです。

そして、バンド全体のサウンドも、「女性らしい」というと少しニュアンスが違うのですが、全体に繊細でありながら大地のような優しさに満ちたサウンド、そう、日曜日の午前11時の日だまりの中にいるような感じのサウンドです。
佐久間さんのピアノチャーミングです。佐藤さんのベースは心臓のように的確なビートを打ち込んできます。バンド全体のサウンドが実にまとまっています。

後半では、聴きに来てくれていた国立音大1年で、Sweet Rainにも出演してくれている中山拓海君がシットインして見事な演奏を聴かせてくれました。
サブコンシャスリーでは、アルト2本がうねうねと絡み合い、音が重なる、実に素敵なプレイでした。
この2人のサウンドはなかなか相性が良いと感じましたので、いつか機会をつくってまた聴かせていただきたいと思います。

平山順子さんの初CD素晴らしい出来です。みなさん是非聴いてみてくださいね!
次回の平山順子さんの登場は、その初CDのレコーディング・メンバーによるカルテットでのCD発売記念ライヴとして、5月11日(金)に決まっています。
是非聴いてみてくださいね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。