スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小太刀のばら(P)/宮野裕司(As) Live at Sweet Rain

3月3日(土)のライヴは、僕の大好きなアルトサックス奏者である宮野裕司さんと、個性的なピアニスト、小太刀のばらさんのDUoライヴ。

どこまでも静謐な音空間の中で、アルトサックスとピアノが、互いに語りかけるような繊細で心癒されるライヴでした。

のばらさんは、宮野さんのほうに顔を向けて、優しく微笑みながらじっと宮野さんの顔を見つめます。
のばらさん独特のスタイル。そして、宮野さんのサウンドにこたえるように弾くハーモニーとリズムは実に不思議感覚。

宮野さんはひょうひょうとしながらも、ほっぺたを少しふくらませながら力強くアルトを鳴らします。けっして大きな音ではないのですが、芯のある存在感に溢れた柔らかく優しい音です。
サックスが古い木でできているのではと錯覚してしまうような音。

お互いが何かを表現しあう、本当に創造的な瞬間がここにはあります。

ジャズ的なスウィング感や疾走感、カッコいいフレーズの連続はないのですが、じっくりと耳を傾けていると、心の奥底に響くような不思議なメロディーやハーモニーが響いてきます。

時々木漏れ日がこぼれる深い森の中を、鳥の鳴き声や木々のざわめきを聴きながら天使と一緒に彷徨うような・・・そんな音楽です。

こんな音楽を聴きながら、芳醇な赤ワインで酔えたら最高に幸せだろうな。

次回の宮野さんの出演は、4月14日(土)、宮野裕司(As)、中牟礼貞則(G)、稲葉国光(B)のトリオです。
これは絶対に聴き逃せません。
前回のこのトリオの恐るべき緊張感は最高でした!
 






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。