スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet Rainの敷居は高いか?

初めてのお客さんに「いやー、前から気になってたんだけど、入りにくくて、今日、やっと勇気を振り絞って来ました」と言われることがよくある。
たしかに、地下だし、ジャズバーってなんだか分からないし、ぼられそうだし・・・などなど入りにくいのかも。
ライヴの時も同じなのかな?

「どのくらいお金がかかるんだろう?」
とか
「何時くらいに終わるんだろう?」
とか
「店に入ったらどうしたらいいんだろう?席はどこに座ればいいんだろう?」
とか
「怖いマスター(ママ)がいるんじゃないかな?」
とか・・・・

色々と気になるのかな?

なにしろSweet Rainは地下だから店内が見えないので、地下への階段を降りるのに勇気がいるんだろうな。

地下まで降りてもらえば、店の入り口には窓があり店内が見えるので多少安心してもらえると思うのですが。

料金はそれほど高くはない(安くもないかな・・・)
ライヴのないバー&ダイニング営業の日は、お通し代500円とテーブルチャージが300円。生ビールが600円なので、2杯飲んだら料金は2,000円。お通しは美味しいので、お腹が空いていなければお通しだけで2杯くらいは飲めると思う。
お腹が空いていたら500円のおつまみや名物のピザ(1,000円)などを追加しても、2500円から3000円。

ライヴの日は、ミュージック・チャージ2,500円以外にワンドリンクオーダーが必要なシステムなので、生ビールをオーダーしたとしたら料金は3,100円。ライヴの日はお通しがないのでつまみにピザのハーフサイズ(550円)を頼んで、もう1杯生ビール飲んだら4,250円。
まぁ、お店としてはたくさん食べて飲んでもらうほうが儲かるわけですが、懐具合に合わせて、ミニマム3,000円程度からライヴを楽しめます。
料金は最後にレジでまとめて精算します。

投げ銭ライヴの日はバー&ダイニング営業と同じシステムで、精算の時に投げ銭箱にミュージシャンへのチップをミニマム1,000円以上入れていただきます。投げ銭は店の収入ではなく全額ミュージシャンのギャラとなります。

この価格で、こんな至近距離で生音に近い音でライヴを聴けるのだから、僕としては安いと思うのですが・・・

そして、怖いマスターやママですが・・・どうかな?
ママは一見怖そうだけど、怖くないです。若いころからジャズ喫茶を経営してるので接客も慣れているしジャズの造詣も深いです。
(昔々、経堂でリトルワルツというジャズ喫茶をやっていたそうです)
ミニママ(ママの娘)は天然で可愛いです。
そして、
週末マスターはシャイで変人ですが、見た目も中身もまったく怖くはありません。ただ、若いころ百貨店で10年以上働いていたにもかかわらず接客業は不向きで、オーダーは忘れるし、カクテルもまともに作れません。超不器用です。
大学時代にビッグバンドでアルト吹いていたそうですがジャズにはそれほど詳しくない・・・というか、知識が偏っています。正統派よりへんてこなのが好きみたいです。

といったのがSweet Rainです。
敷居は低くなったでしょうか?














スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。