スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板倉克行 Solo&More at Sweet Rain

3月28日(水)のSweet Rainは、月1回の恒例となった板倉克行Solo&More。

毎回、熱烈な板倉さんファンを中心にたくさんのお客様にご来店いただき、恒例の人気ライヴとしてすっかり定着した感があります。
今回も大勢のお客さまに来ていただきました。ありがとうございます。

演奏は、1部が板倉さんのソロ、2部で押忍さんのドラムが入ってのDuo、3部が野々宮さんの朗読が入ってトリオでした。

板倉さんの独特のピアノの音・・・相変わらず好きです。調律を辻さんにしていただくようになって、一段とピアノの鳴りがよくなったと感じます。
My one and only loveの引きしまったロマンティシズムが素敵です。板倉さんはきっと夢見る子供のような人なのだと思います。そうでなければ出せない美しさです。

そして2部でのチュニジアの夜の変幻自在な展開。ドラムとの掛け合いが実にスリリングです。
板倉さんのピアノからはフリージャズというよりもいわゆる現代音楽に近いものを感じます。
自由だけれど、念入りに構築された音楽。
精密に構築されたものをライヴの中で解体していき、その解体の中で思わぬ戦慄が生まれる・・・そんな音楽だと感じます。

3部の野々宮さんの朗読がまた素晴らしい。毎回、どんどん迫力が増します。板倉さんのピアノ、押忍さんのドラムと一体となって、まさに音楽として存在しています。素晴らしいリズム感、疾走するスウィングを感じます。

正直に言って、最初の頃は朗読とピアノのコラボは余り気乗りがしなかったのですが、続けて良かったと思います。素晴らしい音楽をつくりだしてくれています。

4月16日(月)に野々宮さんの朗読会が明大前ブックカフェ槐多であるそうですので、お時間のある方は是非体験してみてはいかがでしょうか。詳細は下記のHPをご覧ください。
http://grkinfo.blogspot.jp/2012/02/blog-post_29.html

さて、次回の板倉克行Solo&Moreは4月18日(水)、アルトサックスの巨匠、梅津和時をゲストに迎えてのDuoライヴです。
梅津さんのアルト、本当に凄いです。
人間が吹いているとは思えないような音で鳴ります。しかも美しいです。
特にSweet Rainの狭い空間で聴くと驚愕します。
是非お越しください!





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。