スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~オンセントリオCD発売記念ライブ~at Sweet Rain

4月20日(金)のSweet Rainのライヴは、「オンセントリオCD発売記念ライブ」。
メンバーは、岩見継吾(B)、栗田妙子(P)、池澤龍作(Ds)、さがゆき(Vo)、本田コン(G)。

1331002589[1]



オンセン・トリオの紹介をディスク・ユニオンのブログから少し引用させてもらうと下記のようになります。

「2006春、岩見継吾が2人を呼んでセッションをしたときの衝撃をきっかけに結成される。
結成5年を迎え、その演奏、即興アンサンブルには 『リズムを引っ張り合いながら立体的に構築されると同時に潔く破壊されるグルーヴ~色鮮やかな、時にモノトーンの様な音色と音響で構成されるサウンドシェイプと共に、様々な表情をみせる普遍的メロディ』が同居している」

といった感じで、今までは「フリージャズ系の即興バンド」といった紹介をされることが多かったと思うが、今回の新作では、あの摩訶不思議ボーカルのさがゆきさんをゲストに迎えて、CDのジャケットと同じようなPOPさとアヴァンギャルド・インプロが同居した、素晴らしいライヴ・バンドに変身(進化かな)したと感じました。

2011年7月29日にオンセン・トリオがSweet Rainに初出演した時のブログでは、「身体を揺さぶる岩見さんのベース、繊細に音楽に彩色する池澤さんのドラム、独特のメロディーラインと節回しが心地よい栗田さんのピアノ、この3者の絶妙の絡み合いが素晴らしい。是非、またご出演していただければばありがたいなと思います。さらに進化した姿を見せてください。」と書いていますが、今回のライヴでは、基本的な骨格はそのままですが、そこにさがゆきさんが加わることで、見事な進化を聴かせてもらいました。

動のさがゆきさんと岩見さん、静の栗田さんと池澤さんといった基本構造で、外に引っ張りはじけ散るような力と、ぐいっと内側に引っ張る力が微妙に均衡しながら、楽しくも緊張感のある音楽が展開されたのでした。
そして、そこに本田コンさんの浮遊するようなギターが絶妙の味付けをします。

オンセン・トリオ、今、最も注目すべきジャズの一つです。
そして、その最良の部分はライヴで聴くことができる「ライヴ・バンド」だと思います。
是非、ライヴで楽しんでください!(CDでじっくり聴いてからライヴを観ると楽しさ100倍!)

さて、次回のオンセン・トリオの出演は只今調整中ですが、栗田妙子さんさがゆきさん、そしてそこにあのクラリネットの土井徳浩さんが加わったトリオでの出演が5月26日(土)にあります。
これも楽しみです。
ご予約お待ちしています!









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。