スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内直(Ts,Bcl)・石井彰(P)Duo Live at Sweet Rain

4月27日(金)のSweet Rainのライヴは、初出演のテナーサックス奏者、竹内直さんと日本ジャズ界を代表するピアニスト、石井彰さんのDuoでした。

竹内直さんのライヴを初めて観たのは今年のお正月のホットハウスでした。その時の衝撃はこのブログでも紹介したとおり(http://jazzsweetrain.blog129.fc2.com/blog-entry-242.html)です。
そして、すぐに今回のブッキングをお願いしたのでした。

竹内さんのテナーをSweet Rainの空間で聴くと、その空気の振動が実にシャープで緊張感のある音だと感じました。きっとリードやマウスピースのセッティングはハードなのだろうと思うのですが、とっても扱いにくい楽器を見事にコントロールしています。
まるで暴れ馬を乗りこなすカウボーイのようでした。
フレーズ、音色、歌い回し、どれをとっても超一流の輝きとオリジナリティ、そして聴かせる力があります。

そして石井さんのピアノがいつにもまして素晴らしい。
センシティヴで力強く、良くできたサスペンス映画のように巧みなストーリーで盛り上げるソロは圧巻でした。

竹内さんと石井さんの紡ぎ出すサウンドがSweet Rainの柔らかな空間の中で有機的に混じり合い、ひとつの波となって心の奥底を鷲掴みにするような説得力のある音楽でした。

サックスとピアノの最高のDuoとはこういったものを言うんだと思います。

まさしく時が経つのを忘れるような、一瞬の弛緩もない、素晴らしいジャズを聴くことができました。

アンコールでのイン・ア・センチメンタル・ムード最高でした!

竹内直さんには是非とも色んなフォーマットでご出演いただきたいなと思っています。
よろしくお願いします。

次回はおそらく8月に東京木管三重奏団(竹内直、土井徳浩、太田朱美)でのご出演になると思うのですが、正式に決まりましたらHP等でお知らせします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。