スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドとして最高のまとまり!平山順子カルテット Live at Sweet Rain

5月11日(金)のSweet Rainnライヴは、平山順子カルテットCD発売記念ライヴ。
メンバーは、平山さんの初CD「レリック・シュレック・シェラック」のレコーディング・メンバーである、平山順子(As)角脇真(P)佐藤えりか(B)大井澄東(Ds)。
このCDは何度聴いても不思議なほど飽きることがない、とっても素敵な作品です。お店でもかなりの頻度でかけているような気がします。

この夜の平山さんのアルトは、一段と艶やかな音色で力強く鳴り響きました。
楽器のセッティング(マウスピースとかリード)を変えたのでしょうか?一段と艶やかで逞しい音色になっていました。

そして、何よりもバンド全体の一体感、これが素晴らしかった。
ドラム、ベース、ピアノ、アルトの4者の音が空間の中で絡まり合い、一体となり、強靭なサウンドを生みだしていました。
変拍子の連続するような曲でのスリリングなプレイは最高でした!
これこそ、ジャムセッション的なライヴにはない、レギュラー・バンドならではの良さだと思います。
そして、セカンドでは、聴きに来てくれていた当店ではお馴染の中山拓海君(As)が飛び入りし、相変わらず素晴らしいプレイを聴かせてくれました。
この2人息がぴったり合います。なかなかの迫力でした!

最後のアンコールは、CDの最後の曲でもある「NOAH」。平山さんらしいほのぼのとした暖かい香りの中でライヴは終わったのでした。







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。