スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイヴ・マッケンナ / デイヴ・マッケンナ・カルテット・フューチャリング・ズート・シムズ

06041552_4c08a29043e68.jpg


昨夜、10月18日(木)のSweet Rainは生憎の大雨にも関わらず、常連さんで心地よい賑わいでした。
いつもいつもありがとうございます。

そんな楽しい気分の夜にかけたのがこのレコード。

デイヴ・マッケンナの歯切れのいいピアノに、ズートのスウィンギーなサックス、メジャー・ホーリーのお馴染の変なエフェクターを使ったベースソロと、どの曲も楽しく、センスの良いジャズを聴かせてくれます。
ジャケットも秀逸です!

そして、10月18日はデイヴ・マッケンナの命日(1930年5月30日 - 2008年10月18日)なのでした。

Side-A
1 Limehouse Blues
2 I Cover the Waterfront
3 'Deed I Do
4 Grooveyard

Side-B
1 One Good Turn
2 Dave's Tune
3 Linger Awhile
4 There'll Be Some Changes Made
5 Wherever There's Love

Zoot Sims, ts ss
Dave McKenna, p
Major Holley, b vo
Ray Mosca, ds
Recorded in Oct 1974
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。