スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul Motian 「 Lost In A Dream」

ポール・モチアンのECMでは4年ぶりとなる新作は、ニューヨークの名門ヴィレッジ・ヴァンガードで録音されたライブ・アルバム。
1267850605[1]


モチアンは1931年生まれなので、今年79歳だけど、その感性、ドラムは全く年齢を感じさせません。そして、共演者は1971年生まれのテナーサックス奏者クリス・ポッターとさらに4歳若い1975年生まれのピアニスト、ジェイソン・モランのベースレス・トリオです。
真に自由なインタープレイが生み出す緊張感と音と音の「間」が創り出す美しさに満ちた音楽です。冷たく、リリシズムが溢れているけれど、どこかから暖かさが溢れ出てくるような音楽。
クリス・ポッターがいつものように剛腕でねじ伏せるようなソロではなく、一音一音を慈しむようなソロをとっています。そして、ジェイソン・モランは強力な左手を生かしながら、鋭利でリリカルなプレイ。
こんな音楽をヴィレッジ・ヴァンガードで聴けたら最高だろうな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。