スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SweetRain先週のライヴの覚書 2015年6月3日(水)~6日(土)

先週も素晴らしいライヴばかりでした!

2015年6月3日(水)
生田 さちこ(P) 市原 ひかり(Tp)

生田・市原



初めて聴いた市原ひかりさんのトランペット、実に良い音色でした。
柔らかくて優しいけど、芯があって力強い音色。
きっと気の遠くなるような練習の土台の上に構築された、ゆるぎない音なんだなと感じさせられました。
そして、フレーズも歌い方も実に素晴らしい。
セカンドの途中から聴いたのでフリューゲルを聴けなかったのが残念。
生田さんのピアノも相変わらず力強くスウィングするし、二人のコンビネーションもばっちりでした。
是非とも、また聴いてみたいライヴです。


6月4日(木)
大石 学(P) 米木 康志(B)

大石さんのピアノ、美しすぎます。

メロディーの歌わせ方が美しい。
インプロビゼーションのフレーズが美しい。
音色が美しい。
リズムが流麗。

そして重厚な米木さんのベースが、しっかりと支えています。

大石さんの新作、「大石 学 TRIO Live at GEKKASOSHA」聴きましたが、素晴らしい内容でした。
このCDは実にお勧めです。(http://www.cd-v.net/ohishi/で購入できるみたいです)
当店でもヘビロテになりそうな予感がしています。

いつか、則武 諒君も入ったピアノ・トリオでも聴きたい。

6月5日(金)
~NOS~
中村 善郎(G/Vo) 宮野 弘紀(G)

いつも素晴らしいNOSですが、この夜はいつも以上に調子が良いように感じました。
特に宮野さんのギターは、早弾きはいつも以上に早く流麗、緩急自在、安定感抜群、特に4弦、5弦といった低音域を使ったフレーズが、僕の心に沁みました。

6月6日(土)
高樹 レイ(Vo) 中牟礼 貞則(G) 田口 悌治(G)

レイさん_n


実にしっとりとした高樹さんの歌。
「ジャズ」の真髄を感じさせる中牟礼さんのギター。
的確なサポートを聴かせてくれる田口さんの完璧なテクニック。

そして、趣味の良い選曲とシンプルだけど実に考え抜かれたオリジナルなアレンジ。

日本のジャズ・ボーカルのひとつの頂点と感じました。

セットリストです。
私はセカンドからしか聴いてないので、武満徹作品を聴いていません・・・残念。
「黄昏のビギン」良かったな―。

1)
There Will Never Be Another You
Fools Rush In
The Boy From IPANEMA
You've Got A Friend
The Nearness Of You
めぐり逢い(武満徹)
三月のうた(武満徹)
島へ(武満徹)

2)
Alone Together
For Once In My Life
More
Tennesy Waltz
My Funny Valentine(5beat)
Smoke Gets In Your Eyes
黄昏のビギン(中村八大)
Just Like The Waters Of A River
(川の流れのように)

アンコール
Alone Again

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。