スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Al Jarreau 2010/09/05 ビルボード東京

Al Jarreauはあまり聴いたことがなかったし、基本的に僕の興味外のシンガー。スペインくらいしかまともには聴いたことはなかった。
久しぶりのビルボード東京。今年の7月のフランスのジャズ祭で倒れて「重篤な状態」と報道されていたので心配していたが、無事回復したようで一安心。

で、初めて聴く生のAl Jarreau。
一曲目の歌いだしから、ソウルフルな良い感じ。
スキャットが素晴らしいです。ただ上手なだけではなく、個性があります。
ステージ運びはさすがアメリカのベテラン・エンターティナーと言う感じで実に手慣れているし、うまい。
曲ではテイク・ファイヴがなかなか良かったな。
スペインはやらなかったけど、全体にとても満足のいく演奏でした。
バック・ミュージシャンはもちろん全員腕利きで、まったく隙のないプレイ。
ピアニストの人が一曲だけ吹いたフルートがなかなか上手く印象的でした。

そして、僕にはなんとなく、マイケル・ジャクソンのように感じられるところが多かったです(多分みんなそれは全然違うと言うだろうけど)。
マイケルの出自はソウルで、アル・ジャローの出自はジャズだという決定的な違いはあるんだけど、結局同じところに向かってきたような。そんな感覚。

1940年生まれだから70歳。まだまだ元気でやってほしいミュージシャンです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。