スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet Rain 13回目のライヴ

今回はボサノバです。
メンバーは「日本のジョアン・ジルベルト」中村善郎さんに、ギターの名手、宮野弘紀さん、そしてブルースハープ&ハーモニカの続木力さんのトリオです。

1581056297_117.jpg

1581056297_101_20100927175102.jpg


1曲目はギター・デュオでのインスト。2本のアコギの絡み具合が絶妙です。
そして、いよいよ中村さんのボーカル。
デサフィナードの最初のひと声を聴いただけで、まさに「ボサノバ」の世界に連れていかれました。
低く囁くようなポルトガル語の響き。
こんな風にポルトガル語で歌える日本人がいるなんて驚きでした。
ボサノバって、ポルトガル語の囁きがそのまま音楽になったような気がします。
同じポルトガル語でも、ファドで聴かれる本国のポルトガル語とは全く違ったブラジルのポルトガル語。
大好きです。この何とも言えない優しく可愛い響き。
そして、もうひとつ驚いたのが続木さんのハーモニカ。
実に歌うんです。ボサノバにハーモニカの音色がぴったりとマッチします。
ファーストステージ最後の「美味しい水」、素晴らしかったです。

セカンドステージでは、中村さんのオリジナル曲がとても気に入りました。とっても良い感じのメロディー・ラインで、特にさびが印象的。
そして、今日のハイライトはピアソラの「リベルタンゴ」。
宮野さんのフラメンコを吸収した独自のギター・サウンドが素晴らしかった。

今回の3人の組み合わせ、とっても素敵です。

是非またご出演をお願いしたいです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。