スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

keith jarrett trio 2010/ 10/03 オーチャードホール

日が落ちてうす暗くなってきた秋の夕暮れに、一人で団地の壁に向かってキャッチボールしていた、8歳の秋の日のことが突然脳裏に浮かぶことが,最近よくあります。
誰も友達がいないどうしようもない寂しさ、一人遊びの空虚な楽しさ、死に対する底知れない恐怖が、キョウチクトウの強い香りとともに蘇るんです。
キースのコンサートで、アンコールの一曲目、限りなく純粋で美しい「I'VE GOT A CRUSH ON YOU」 を聴いた時にも同じ光景、同じ香りを感じました。
キースのスタンダード・トリオのライブを聴くのは4回目だけど、新たな次元に足を踏み入れつつあるのかもしれません。
前半は音のバランスが悪く(ベースが聴こえない)、キースの調子も余り良くなさそうで物足りませんでしたが、後半、そしてこのアンコールで完全に魅了されました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。