スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHICK COREA TRIO 東京ブルーノート

12月12日、東京ブルーノートでCHICK COREA TRIO featuring CHRISTIAN McBRIDE & BRIAN BLADEを観た。今回は、お店の常連さん二人もご一緒いただき、皆で楽しく聴くことができました。
やはり、音楽の好きな人同士、皆で一緒に聴くのっていいですね。
僕のお目当ては、ブライアン・ブレイドです。数年前のウェイン・ショーターのグループでの来日ステージで初めて観た時の強烈なインパクトを受け、一気に好きになってしまいました。
緊張感溢れるビートを送りながら、獲物を狙う豹のようにメンバーを眺めながら、時々火山が爆発するように、ぐーーーっつと身体の中に溜めこんだエネルギーを爆発させるように、シンバルやスネアを強打する、その瞬間、素晴らしいうねりが音楽全体を包み込みます。
そして、とにかく楽しそうな表情で叩くんです。
今回も、実に楽しそうに、音楽を心底楽しんでいるという感じ叩いていました。そして、ドラムが歌います。爆発は前ほど強烈ではないけれど、やはりブレイドの大きな魅力は、音量のレンジの広さだと思います。
優しくなでるようなピアニシモから爆発するフォルテシモまでのダイナミックレンジの広さと、音楽全体の流れを感じながら、最適な音量で叩くセンスの良さ。
とにかく、手数ばかり多くて、大音量で叩きまくるドラマーとはまったく違います。
マクブライドは相変わらず上手い。早弾きはもちろん素晴らしいけど、それだけでなく歌心があります。
そして、コリアは・・・・・・・
痩せました。ダイエットしたのかな。
コリアのピアノはもう余裕のプレイです。
マクブライドとブレイドといった若手に美味しいところは全部渡して、つぼだけ押さえたといった感じでしょうか。
いや、実にすばらしいライブでした。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。