スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリス・カトラーと外山明

先日、Twitterを見ていると、ある人がクリス・カトラーの来日についてつぶやいていた。

クリス・カトラー。
実に懐かしい名前だ。
僕が人生で最初に大きな衝撃を受けたドラマー。
今でも忘れない、1982年のザ・ワークの来日公演。
その当時、僕はアバンギャルド系のプログレにはまっていて、ヘンリーカウ、アート・ベアーズ、ポップ・グループ、PFM、フォーカス、アレア、キング・クリムゾンなどに夢中だった。

アート・ベアーズの「Winter Songs」を聞いた時の衝撃は今でも忘れられない。
ダグマー・クラウゼ(ヴォイス)、フレッド・フリス(G)、クリス・カトラー(Ds)の3人で構築された、教会音楽のような厳かさと、狂気のような叫びが混然一体となったサウンドにひれ伏してしまった。

そして、1892年、僕が大学4年生の時のザ・ワークの来日公演。たしか、来日直前にオリジナル・メンバーのドラムが脱退してクリス・カトラーが入ったような記憶がある。
あの時のクリス・カトラーの、ぎゅっと押し込められたすべての力が一瞬に爆発するような凄まじい瞬発力のドラムはまさに圧巻だった。
同じような感動を感じたのは、ショーター・バンドの来日時に初めて観たブライアン・ブレイドだろうか。

さて、そのクリス・カトラーも会社勤めに入るとだんだんと聴くこともなくなり、その後の活動についてはほとんどウォッチしてなかったのだが、今回僕の心を動かしたのが、あの外山明さんとの共演があるということだ。

外山明さんはSweet Rainでは栗田妙子(P)さんとのDUOでお馴染みの、独特の世界をつくりだす個性的なドラマーである。
僕の中では、クリス・カトラーと外山明さんが結び付くようで、結び付かない。
6月2日(月)秋葉原CLUB GOODMAN   クリス・カトラー(Ds) ユミ・ハラ(P) 外山 明(Ds)。
聴きたい。
実に聴きたい。
しかし、切羽詰まった仕事があって聴きにはいけない・・・
残念だけど、仕方ない。
いつか、外山さんに共演の感想を聞いてみよう。


Sweet Rainの集客に関する重回帰分析

これまでにSweet Rainで実施したライブについて集客に最も影響を与える要素は何かについて知るための重回帰分析をおこなった。

目的変数は当然集客数。
説明変数には、「曜日」、「ミュージシャンの知名度」、「音楽のジャンル」、「Twitterでの告知回数」、「ミュージシャンの同一商圏内でのライブ回数」、「Sweet Rainでの出演回数」、「ブログの更新回数」、「ミュージックチャージ」の8つを設定した。
それぞれのデータについては、ある程度決め込みで数値化した。
その結果を簡単に紹介すると、集客数に最も高い相関関係をもっていたのは「ミュージシャンの同一商圏内でのライヴ回数」、次いで「曜日」。
ほとんど相関関係が見られなかったのが、「Twitterでの告知回数」、「ブログの更新回数」だった。

多変量解析は、本当に当たり前の答えしか出なくて、僕はマーケッター、リサーチャーとしての仕事ではほとんど参考程度にしか使わないのですが、この分析における、「ミュージシャンの同一商圏内でのライブ回数」とSweet Rainでの集客数が最も高い相関関係がみられるという結果は、僕の予想通りでなかなか納得できるものであった。

これが何を意味するのか?
ミュージシャンはエリアでの需要と供給のバランスを考えてスケジュールを組むべきであること、お店としては、「このミュージシャンはこの店で聴きたい」というDestination Jazz Clubになるべきであるということを意味するような気がする。
では、destination Jazz Clubになるには何をすべきか?
やらなければいけないことは山積している。

いやいや、こんなバカなことに時間をかけてないで仕事をしなければ。

Sweet Rain7月のライヴ・スケジュールがアップされました!アルトサックス的な7月になってます。

詳細は、(http://jazzsweetrain.com/live36.html)にてご確認ください。

まずは、アルトサックス好きのための8夜をご紹介。

第1夜
7月3日(木)
~アルトークス~
菅野 浩(As)  宮野 裕司(As)  関根 彰良(G)

通称デスモンドごっこ(笑)
2本のアルトが美しくサウンドします。Sweet Rainの空間にぴったりの室内楽的サウンドです。

第2夜
7月5日(土)
宮野 裕司(As) 中牟礼 貞則(G) 稲葉 国光(B)

僕の大好きな宮野さんが連続して登場です。
中牟礼さん、稲葉さんと言う超ベテランにはさまれ、優しくも緊張感溢れるジャスを奏でます。

第3夜
7月9日(水)
佐藤 浩一(P) 山本 昌広(Sax) 吉野 弘志(B

若手ナンバーワン、山本昌広君のアルトは僕の好みのど真ん中。
これまた若手ナンバーワンピアニスト佐藤浩一君のリリカルで鋭利なピアノに、ベテラン吉野さんとの組み合わせは最高です。

第4夜
7月15日(火)
高木 幹晴(Ds) 林 栄一(As) 栗田 妙子(P) 永塚 博之(B)

栄一さんのアルトは世界の最高峰!
オンセン・トリオで栗田さんのファンになった方は、また違った彼女の魅力を発見するでしょう。

第5夜
7月17日(木)
~Voxo~ 
日野 了介(B) 若林 一也(As) 

毎月1回お送りしているDUO。
若林君のアルトは日々進化してます。

第6夜
7月18日(金)
松井 宏樹(As) 魚返 明未(P) 大塚 義将(B) 吉良 創太(Ds)

エネルギッシュなプレイを聴かせてくれる若手サックス奏者松井宏樹君の熱く燃えるレギュラー・カルテットです!
ピアノ、ベース、ドラムも若手の注目プレイヤーばかりで、実にパワフルなジャズをやってくれます。

第7夜
7月29日(火)
さが ゆき(Vo/G)  宮野 裕司(As/Cl) 大石 俊太郎(Sax)

宮野さん、今月3度目の登場!
抜群のセンスが光る若手サックス奏者、大石君との絡み合いは実に上品。
さがさんの歌とも相性抜群です。

第8夜
7月30日(水)
平山 順子(As) 吉田 沙良(Vo) 瀬田 創太(P) 小美濃 悠太(B)

僕の大好きな女性サックス・プレイヤー、平山順子さんが久々に出演してくれます。
モノンクルでお馴染の吉田 沙良さんの歌も最高です!

といったことで、アルトサックスが月間8回、しかも宮野さんは3回登場と、誰かの好みが色濃く出たブッキングになっております。

アルトサックス好きなら、8夜すべてを制覇しましょう!

Sweet Rainの小さな空間で聴く生のアルトサックスの音は実に自然で、素晴らしいです。











ジャズ・ミュージシャンと有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2014年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.07倍(前月より0.02ポイント上昇)と、16カ月連続で上昇した。
この数値から考えると雇用環境はかなり好転しているようである。
有効求人倍率は求職者1人当たりに何件の求人があったかを示す指標で1.07倍ということは求職者1人に1.07件の求人があるということになる。
有効求人倍率が高いほど求職者の売り手市場となり、基本的には仕事を見つけやすくなる。
しかし、楽に仕事を得ることが出来るかどうかは、地域や業種によって随分と変わってくる。
例えば、愛知県の有効求人倍率は1.55倍、であるが沖縄県は0.63倍であり、沖縄県では仕事に就くのがなかなか大変である。

さて、ジャズ・ミュージシャンは基本的に雇用されてやるものではないので、有効求人倍率といった考えは馴染まないが、あえて考えてみると、「演奏をしてほしい!」という求人数と「演奏をしたい!」という求職者数の比率が「ジャズ・ミュージシャン有効求人倍率」ということになるかもしれない。
私の感覚では、「ジャズ・ミュージシャン有効求人倍率」は圧倒的に低いと思う。
0.1倍くらいであろうか。
つまり、「演奏をしたい!」という求職者1人に対して、「演奏してほしい」という求人は0.1件くらい。10人に9人は仕事を得ることが出来ない。
圧倒的に需給バランスが崩れているように感じる。

そのうえ、「音楽の種類」によるミスマッチが大きい。
「こんな音楽をやってほしい」と「こんな音楽を演奏したい」のミスマッチ。
だから、やりたい音楽をやろうとすると、ますます「ジャズ・ミュージシャン求人倍率」は低くなる。

などと、つまらないことを書いてきたが、このことの大きな責任はジャス・シーンをつくってきたビジネス側(レコード会社、ライブハウス、ジャズ・ジャーナリズム等)にあると思う。
「世界中に1000人しか好む人がいない変てこな音楽」でも、その人たちにうまく届ける仕組みをなんとか作れないものだろうか・・・

多くの素晴らしい音楽が誰にも聞かれることなく空間に虚しく消えていく寂しい状況をなんとかしたいものだ。

Sweet Rain6月のライブ・スケジュール!

Sweet Rainの6月のライヴ・スケジュールです。

いつものように百花繚乱。


4日 (水) 金丸 正城(Vo) 宮野 裕司(As) 黒田 京子(P)
最高のお友達トリオ!金丸さんのメル・トーメのようなベルベット・ボイスを!

5日 (木) 纐纈 雅代(Sax) 森重 靖宗(Cello)
注目の新鋭サックス奏者の纐纈さん、今回はSweet Rain初登場のチェロの森重さんとのDUOです。

6日 (金) 小太刀 のばら(P) 山﨑 弘一(B)
独特ののんびりした優しさに溢れた「のばらさんワールド」をどうぞ!

7日 (土) 栗田 妙子(P) 林 聖(B) 景山 健治(Ds)
お店の常連さん二人が、大胆不敵にも栗田妙子さんとのトリオで登場!怖いもの知らずですね。

11日 (水) ~Voxo~日野 了介(B) 若林 一也(As)
急速な勢いで成長中の若手二人。毎回驚きがあります!

12日 (木) 明治大学ジャズ研究会
若いパワーが炸裂するか!不発に終わるか・・・どちらにしても学生のライブはとても楽しい気分になります!

13日 (金) 中村 かんな(Vo) 関根 敏行(P) 笠原 本章(B)
ピアノの関根さんは実に久しぶりの登場です。

14日 (土) ~Verba Musica~水城 ゆう(P) 野々宮 卯妙(現代朗読)森 順治(Sax)
お馴染の「朗読ユニット」。森さんのサックス、大好きです。

18日 (水) ~夜更かしTrio~ 清水 くるみ(P) 落合 康介(B) 田鹿 雅裕(Ds)
お馴染のくるみさん。名手、田鹿さんとのトリオで登場です。なぜ、夜ふかしトリオなのでしょうか?

19日 (木) 吉野 弘志(B) 石田 幹雄(P)
石田君の緊張感溢れるピアノ、大好きです。

20日 (金) ~前代未聞? Plays Cole・Porter ~さが ゆき(Vo) 加藤 崇之(G)
以前に聴いたさがさんのコール・ポーターが最高に良かったので、リクエストして実現した企画です。名手、加藤崇之さんとのDUOで最高のライブになること間違いなし!

21日 (土) Y'S[大西 善雄&田中 夕美子(Vo)] 出口 誠(P) 高尾 幸宏(B)
お馴染のボーカル・ナイト!

23日 (月) 金澤 英明(B) 石井 彰(P)
名手二人のDUO!ジャズの真髄に触れることができます。

25日 (水) 栗田 妙子(P) 馬場 孝喜(G)
お馴染の栗田さんが、若きギターの名手、馬場君とのDUOで登場!

26日 (木) LUNA(Vo) 大石 学(P)
表現力豊かな歌姫LUNAさん。大石さんのピアノとの相性もばっちりです。

27日 (金) 橋爪 亮督(Ts) 馬場 孝喜(G) 吉野 弘志(B)
僕の大好きな橋爪さんが、若手№1ギタリスト馬場君とベテラン吉野さんとのトリオで再登場。これは、僕的には必聴!

28日 土 池田 芳夫(B) 安井 さち子(P)
大ベテラン池田芳夫さんがパワフルな安井さち子さんとのDUOで再度登場。前回、お客さんのリクエストに応えてやった超高速のクレオパトラの夢は大迫力でした。

今月も、なかなか充実したブッキングです(自画自賛)。
ご予約お待ちしています!

プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。