FC2ブログ

Sweet Rain先週のライヴの覚書 2015年7月1日(水)~5日(日)

宮野裕司さんの独自の世界に溺れそうです・・・

7月1日(水)
~アルトークス~
菅野 浩(As)  宮野 裕司(As)  関根 彰良(G)
20:00~ 2st/ MC:2500yen 学割:1500yen

アルトーク


宮野さんのアルトと菅野さんのアルトのハーモニー、絡み合うメロディーは僕を別世界に連れて行ってくれました。
宮野さんの音色はもちろん、メロディーラインが実に独特なのです。きっと、今までの宮野さんの深い試行錯誤と、実験と、積み重ねられた練習から生まれるのだと思います。
古代から何層にも積み重ねられた地層のような深みを感じます。
菅野さんは宮野さんを少しブライトにした感じの音色で、実に上品に歌います。
こちらも絶品。
そして、この日は関根さんがガット・ギターだったのですが、これが実に2人のアルト・サウンドとマッチしていました。
僕的にはガット・ギターの方が好きです。
途中、菅野さんのハーモニカと宮野さんのオカリナのプレイを聴くことができたのですが、こちらも優しさがにじみ出るような音を奏でてくれました。
そして、最後は遊びに来てくれていた中山拓海君がシットインしてアルト3本でのAll the things you are。
アルト3本のハーモニーは実に芳醇。
拓海君、また一段と成長していました!
この夜は拓海君と一緒に石若駿君も来てくれていて、ライヴが終わった後には、若手とベテランの思わぬ交流が図られていました。
よい雰囲気です。

7月2日(木)
古谷 淳(P)  小松 雄大(Ts)
20:00~ 2st/ MC:2500yen 学割:1500yen

この日は仕事のためほんの少ししか聴けませんでした・・・残念。

7月3日(金 )
中村 かんな(Vo)  二村 希一(P)  玉木 勝(B)
20:00~ 2st/ MC:2500yen 学割:1500yen

この日は仕事のため、全く聴けませんでした。
残念。

7月4日(土)
金丸 正城(Vo)  宮野 裕司(As)  黒田 京子(P)
20:00~ 2st/ MC:2500yen学割:1500yen

この日もノーマイクで歌う金丸さんの歌声に魅せられました。
楽々と、軽やかに、品よくスウィングすします。
学生時代からの旧知の仲である宮野さんと黒田さんとのコンビネーションも抜群で、まさにジャズ・ボーカルの真髄を楽しめました。

ただ、この日、残念だったのは、お喋りの声が大きすぎるお客様がいらっしゃったこと。
楽しいジャズ・ボーカルのライヴなので、多少のお喋りはいいかなと僕は思っていますが、この日はうるさすぎた。
僕はセカンドの途中から聴いたのですが、うるさくて気になって仕方ありませんでした。
ただ、ファーストからの流れが分からないので注意はしなかったのですが、途中に他のお客様からうるさいと文句が出て、ママが注意して声は小さくなりました。
こういった場合の注意するタイミングって本当に難しいなと感じたのでした。


7月5日(日)
~ジャムセッション~
ホスト:松井 宏樹(As) 永武 幹子(P) 宮上 啓仁(B)
18:00~ 参加費:1500

この日も所要のため欠席。
今回も熱心な皆さんが大勢参加され、非常に盛り上がったと言うことです。
僕も、早くジャムセッションに参加できるくらいになりたいのですが・・・僕は練習する前に考え込む時間が長すぎて、いっこうに上達しないのです・・・
理解した音しか出せないと言うか・・・メロディーを構築し楽譜と言う記号にしないと、僕にはどうしても吹けないのです。
多分、僕の右脳は普通の人の半分以下に退化しているのだと思います・・・

Sweet Rain先週のライヴの覚書 2015年6月24日(水)~27日(土)

先週も素晴らしいライヴばかりでした!

6月24日(水)
~gradate~
松井 宏樹(As) 魚返 明未(P) 大塚 義将(B) 吉良 創太(Ds)

グラデイト


松井君の演奏に、良い意味での余裕が感じられるようになってきました。
今までは、フルスロットルで時速300キロでぶっ飛ばしている感じでしたが、今はアクセルは八分目で時速300キロメートル、もう少し踏み込めばもっと爆発するよ!といった感じです。
それと、音色が丸く太くなったように感じました。
魚返君のピアノはいつも以上にスウィングし、吉良君のドラムは情熱的で激しいのですが、うまくコントロールされています。
大塚君のベースはいつものように沈着冷静で、かつ歌います。
今後の成長がますます楽しみになりました。


6月25日(木)
板垣 光弘(P) 成川 修二(G)

セカンドからしか聴けなかったのですが、実に心地よくスウィングするサウンドでした。
オリジナル曲が素敵で気に入りました。
次回はファーストから聴きたい。

6月26日 金
~倍音の森~
田嶋 真佐雄(コントラバス) 熊坂 路得子(アコーディオン)
尾引 浩志(ホーメイ・口琴・イギル) LUNA(うた) 

倍音


これもセカンドからしか聴けませんでした・・・・残念。
そのサウンドからはまさに唯一無二のオリジナルさを感じます。バンド名通りに、積み重なる音の響きの美しさ、複雑さを聴かせてくれます。
田嶋さん、熊坂さん、尾引さんは、まさに日常と狂気の世界を行き来するような鬼気迫る演奏でした。そこに、LUNAさんが入ることで、一層、響きが豊かになり、優しさが溢れます。
素晴らしいバンドです。
特に、生音での微妙で繊細なサウンドを楽しむにはSweetRainの空間は最適だと思います。


6月27日(土)
石田 博(As) 清田 晃弘(G) 多田 和弘(B) 今竹 一友(Ds)  

石田さんのアルトサックスは本当にジャズのど真ん中をいく潔さがあります。
太くて美しい音で、見事に歌うアルトは、まさにすべてのプレイヤーのお手本になるものだと感じました。
そして、清田さんのギターはとってもセンスが良い!絶妙のタイミングで、絶妙な音が紡がれます。
ベースの多田君は、途中、3弦が切れると言うアクシデントに見舞われながらも立派なプレイを聴かせてくれました。
そして、ドラムの今竹さんは的確なビートで屋台骨を支える感じ。
極上のジャズサウンドでした!


Sweet Rain来週のライヴのご紹介

来週は、唯一無二の素敵音楽をつくりだすアルトサックス奏者、宮野裕司さんが2回登場です!
そして、週末の日曜日にはジャムセッションもあります!

7月1日(水)
~アルトークス~
菅野 浩(As)  宮野 裕司(As)  関根 彰良(G)
20:00~ 2st MC:2500yen 学割:1500yen

室内楽的なサウンドで小粋にスウィングするジャズを聴かせてくれます。
アルトサックス2本のハーモニーは至福の喜び。
そして、美しいサックスのハーモニーにギターが実によくマッチします。
うっとり聴き惚れてしまう、極上のジャズです。


7月2日(木)
古谷 淳(P)  小松 雄大(Ts)
20:00~ 2st MC:2500yen 学割:1500yen

古谷さんは当店初出演。
2009年に1stアルバム「Exprimo」,2011年に2ndアルバム「Home Songs」をジャズレーベルD-MUSICAからリリースしている素晴らしいピアニストです。
以前に一度、当店のライヴにシットインして素晴らしいプレイを聴かせてくれました。
そして、テナーサックスの小松さんも当店初出演。
楽しみなライヴです。

7月3日(金 )
中村 かんな(Vo)  二村 希一(P)  玉木 勝(B)
20:00~ 2st  MC:2500yen 学割:1500yen

本職はお医者様の中村かんなさん。
実に丁寧な歌い方で、しっとりとジャズスタンダードを聴かせてくれます。


7月4日(土)
金丸 正城(Vo)  宮野 裕司(As)  黒田 京子(P)
20:00~ 2st  MC:2500yen学割:1500yen

メル・トーメを彷彿させるベルベット・ヴォイスの金丸さんが登場です。
初めて当店に出演していただいた時に、ノーマイクで歌った見事なスキャットが今でも耳に残っています。
宮野さん、黒田さんという名手2人が小粋なサウンドで金丸さんの声と混じり合い、極上のサウンドを作り上げてくれます。
ジャズ・ボーカルの真髄を感じることができるライヴです。

7月5日(日)
~ジャムセッション~
ホスト:松井 宏樹(As) 永武 幹子(P) 宮上 啓仁(B)
18:00~ 参加費:1500円(ドリンク別)

当店にもよく出演していただいている若手アルトサックス№1の松井君がホストを務める人気のジャムセッションです。
管楽器はもちろん、ベース、ギター、ピアノ、ヴォーカルとなんでも歓迎です。
ブルースからジャズ・スタンダードまで、色んな曲を楽しくプレイしましょう!

「サックスのレッスンと経営コンサルティングは似ている」

最近、アルトサックスのレッスンを受け始めた。
大学生の頃に軽音楽部で少しは吹いていたが、もう30年以上吹いていないので、ほぼ初心者同様である。
しかし、夢は大きい!
ポール・デスモンドのような音色で吹くこと!

その夢に少しでも近づけるべく、レッスンを受け始めた。
私は、見栄っ張りなのか、先生に習うということが大嫌いだった。
だから、もちろん学校は嫌いだし、楽器のレッスンなど一度も受けたことはなかった。
「先生に習っても恥ずかしくないくらい吹けるようになったら習いに行こう」などと考えていたが、一向に上手にならない。
そうこうしているうちに、もう残りの人生も少なくなり、まさに「今」習わなければ、このまま夢を実現できないままに死んでしまうという状況になってしまった。
そこで、思い切って習うことにした。

先生の名誉のために名前は書かないが(こんな下手くそに教えているなど恥だから)、私が出したい音に最も近い音で演奏している、素晴らしいプレイヤーが先生である。

そして、先日、3回目のレッスンを受けたのだが、このレッスンが実に素晴らしい。
具体的には、私の課題を的確に発見して、その課題を克服するための方向性を明確に示してくれる。

先生と一緒に吹くと、いかに私のサックスが鳴っていないのか、音が安定していないのかということが、音域毎に具体的に分かる。
そして、それを克服するための「呼吸法」、「のどの開き方」、「楽器を持つ姿勢」、「アンブシュア」、「息の入れ方」などなど、改善すべきポイントを的確に示してくれる。そして、改善のためには、「何度も練習で繰り返すしかない」ことも。
その結果として、私のサックスの音は確実に向上している・・・・・と思う。確実に向上しているかどうかを先生が評価してくれるということもレッスンのありがたいところである。

さて、このレッスンでおこなわれていることは経営コンサルティングの現場に非常に近いものがある。
経営コンサルティングにおいては、クライアントの夢やビジョンを理解し、それを達成するための現状とのギャップを明確化し、ギャップを克服するための改善の方向性を決める。
そのために、現状分析や様々な戦略の検討をおこなう。

ここで重要なのは、クライアントのビジョンと現状のギャップから的確な課題を発見する力と、発見した課題を改善するための斬新な(あるいは確実に効果の上がる)戦略を考えだす発想力である。

クライアントに「御社の課題はなんですか?」と聴くコンサルタントはあまりよろしくない・・・と思う。
クライアントのビジョンを聴いて理解し、現状を的確に観察・分析して、そこからクライアントが気付かなかった課題を発見できるコンサルタントが本物だと思う。

しかし、その結果として経営が改善されるかどうかは、クライアントの実行次第である。
実行しなければ成果はでない!

そう、練習しなければ成果は出ないのです・・・・
頑張らなければ!


SweetRain先週のライヴの覚書 2015年6月16日(火)~20日(土)

先週は本業が忙しく、余り聴けませんでした・・・残念。

16日(火)
~福島への想いを中野から~
北沢 直子(Fl)  田嶋 真佐雄(B)  飯島 ゆかり(Perc)
20:00~ 2st/ 投げ銭(ミニマム1000yen)

セカンドから聴いたのですが、北沢さん、田嶋さんのオリジナル曲がとっても魅力的な作品で、胸が「じーん」としました。
田嶋さんのベースはやはり変態(笑)で、実に個性的です。
北沢さんの完璧なテクニックのフルートに、飯島さんのパーカッションがセンス良く急所に決まり、素晴らしいライヴでした。
フリー・インプロではない北沢さんは初めて聴きましたが、素晴らしかった!
福島に想いは届いたと思います!
また、やりましょう!

17日(水)
大谷 桃(P) 高橋 睦(B) 木村 紘(Ds)
20:00~ 2st/ 投げ銭(ミニマム1000yen)

残念ながら聴けませんでした・・・・申し訳ありません。
次回こそ!

18日(木)
上西 美帆(Vo) 助川 太郎(G)
20:00~ 2st/ MC:2000yen学割:1500yen

これまた、最後のアンコールのルート66だけしか聴けませんでした。
1曲だけですが、上西さんの上達ぶりを感じましたし、初めて聴いた助川さんのギターは変化に富んでいて、また聴きたいと感じました。

19日(金)
さが ゆき(Vo/G) 宮野 裕司(As) 大石 俊太郎(As)
20:00~ 2st/ MC:2500yen学割:1500yen

さが、宮野、大石


やはり最高!
宮野さんと大石君の2本のアルトサックスは、時折「アルトークス」のような感じになります。渋くて説得力に満ちた宮野さんの音と、少しブライトな大石君の音が絶妙のハーモニーをつくります。
バリバリと大音量で吹くのではなく、小さく美しい音で小気味よくスウィングしてハモル!まさに、僕の最も好きなジャズなのでした。
そして、さがゆきさんの歌はいつもながらに魅力的。あのコール・ポーターの恐ろしい歌詞の曲での表現力は凄まじかった(題名失念・・・)。
以前、当店でのライヴで「お定のモリタート」を聴いたときと同じような、底知れぬ表現力を感じたのでした。
さがさんは凄い!

IMG_0759.jpg
分かる人には分かる「コキヌとおじー」

20日(土)
かとう みちあき(G/Vo)  江藤 直子(P)  笠原 あやの(Cello)
20:00~ 2st/ MC:2500yen学割:1500yen

これも聴きに行けませんでした・・・・申し訳ありません。
次回こそ!

そして、この日はライヴ終了後に、常連のYさんが持ってきたCD(カーリン・クローグと早坂紗知)を聴きながら深夜までジャズ談義に花が咲いたのでした。 
プロフィール

マスターDH

Author:マスターDH
マスターDHです。
普段はマーケティングコンサルタントとして働き、週末は中野のジャズダイニングバー「Sweet Rain」で居るだけマスターをしています。ジャズ、プログレ、クラシック、民族音楽と雑食性ですがかなり偏食でもあります。今だに、コニッツのようにアルトを吹くことを夢見ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード